アラフォー脚本家志望日記

アラフォーが脚本家を目指すブログ

NHKスペシャル 二・二六事件~最高機密文書で迫る~

 録画していた「NHKスペシャル 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」を見る。私は日本史が好きだが、ただ一つ、苦手な時代があって、それがこの二・二六事件から敗戦までの時代だ。明るかった大正時代から一気に空気が暗くなっていき、最後には原爆だ。気が滅入るのでどうしても避けてしまう。

 勿論、二・二六事件については大きな流れは知っていた。汚職腐敗の政治不信に乗じて、陸軍の青年将校らがクーデターを起こし閣僚を次々と殺していったが、昭和天皇が彼らを反乱軍とみなしたために失敗した、ということだ。しかし、この事件がどういう影響をその後の歴史に与えたのかは知らなかった。

 

 そのレベルで今回のNHKスペシャルを見たが、色々知らなかったことを知れたので面白かった。まず大きな驚きだったのが、事件当時の昭和天皇は軍部内であまり人気がなかったということだ。その後の天皇の神格化を知っていると、その当時から圧倒的な権威があり、その権威を決起部隊の将校らは利用しようとしたのかと思っていたのだが、実際はそうではなかったらしい。むしろ高松宮秩父宮の方が軍部には人気があったのだという。したがって事件発生当時、昭和天皇はすぐには動けなかった。クーデターが全国に広がり、彼らが軍部に人気のある皇族を天皇にする可能性すらあったからだ。弱い立場だった昭和天皇が頼ったのが海軍だった。事件はじめには天皇ー海軍vs決起部隊ー陸軍、という形だったという。

 次に驚いたのが、その当時の軍人がまだ存命だということだ。番組には海軍の陸戦隊として当時、国会議事堂近くで警戒に当たった96歳の男性と決起部隊に参加していたという103歳の男性がインタビューを受けていた。二人ともまだしっかりとしていて、昔の人は頑丈だなあと思った。いや、単に頑丈な人だけが残っているのかもしれないが。

 話は戻って、二・二六事件は結局、陸軍司令部が決起部隊を見捨て、天皇が部隊の行動を反乱とみなすことを明らかにしたことで、決起部隊が孤立し、クーデターは失敗に終わる。孤立する中で、それでも「天皇のために行動したのだ、天皇なら分かってくださる」と何とか自分たちの思いを天皇に伝えようとする青年将校らは滑稽でもあり、悲しくもあった。

 そして、この事件がいかにして日本を戦争に導く発端になったか、その理由だが、自分たちのすぐそばで、多くの人が軍隊によって殺されたという事実はその当時の政治家、官僚、財界人らに大きな恐怖を抱かせたらしい。その恐怖を背景に軍部は政治に介入し始めた。また、昭和天皇はクーデターを鎮圧したことで権威が大きく増すことになった。軍部はその昭和天皇の権威も利用して、自分たちの力を増していった。そして太平洋戦争へと突入していった。つまり、二・二六事件で軍部と昭和天皇は力をより強くした。その二つが大戦へ突き進むエンジンとなった。その意味で二・二六事件は第二次大戦の発端と言われるのだ。しかし、二・二六事件から敗戦までたった9年らしい。その転落ぶりには暗澹たる気持ちにさせられる。

 

それにしても陸軍の屑っぷりには唖然とする。血気にはやる青年将校らを煽り、事件直後には決起に賛同するふりを見せておきながら、結局は見捨てた。そして事件を利用して自分たちの影響力を増していき、天皇も自分たちのために利用した。大日本帝国陸軍はまともじゃないとは思っていたが、こうして改めて見せられると屑としか言いようがない。一方の海軍もクーデターを事前に把握しておきながら、止めることもせず、事前に知っていたことがばれないように文書を隠したというのだから、どうしようもない。

 

この時代はどちらをみてもどうしようもない暗い気持ちにさせられるのでやっぱり嫌いだ。

 

引きこもりの不安と怒り

 今回も脳についての話です。脳には大きく分けて「思考系」と「感情系」と二つの働きがあるそうなんです。思考系というのは前頭葉の指令の下、行われる行動のことです。外部からの情報はいったん前頭葉に集められ、前頭葉から指示が出されます。「理性」と言い換えてもいいかもしれません。一方、感情系というのは脳のより中心に関わることで、快、不快などのより原始的な反応によって引き起こされる行動です。「本能」と言い換えてもいいかもしれません。

 人間が社会性をもって生活を過ごすには当然、思考系の発達が欠かせません。理性で感情をコントロールするから、人とコミュニケーションが取れるのです。これが逆で感情系が思考系より勝っていると、人とコミュニケーションが取れず孤立しがちになります。当然ですよね。自分の好き、嫌い、快、不快が行動基準になるのですから……何を言いたいのかよくわからなくなってきた。ま、結局ですね、頭を使わないで、惰性で生きていると、どんどん思考系が衰えて感情系が肥大化していくんです。はてブTwitterを見ているだけで過ごしていると、どんどん思考系が、前頭葉が衰えていっちゃうんですよ。それで、どうなるかと言ったら、感情のコントロールが効かなくなってくるんですね。ちょっとの刺激で不安や怒りが掻き立てられるようになる。ひきこもりをしていて、困ったのが、人の話がぱっと入ってこなくなる脳への入力の問題と、話したいことがまとまらない出力の問題と、そして不安と怒りがやたらと暴走する問題です。今回はこの3番目の問題についての話をしたかったんです。

 いやあ、振り返ってみると本当に謎なんですけど、引きこもってるときは、はてブのコメントのちょっとしたことでも怒ったり不安になったりしてましたね。スターのつき方とか。気に食わないコメントにどのIDがスターつけてるとかいちいちチェックしたり。今から考えると頭おかしいですけど、前頭葉が衰えて感情系が肥大しまくってたと今の自分は理解しています。


明日もGANBARUZOI〜☆

 

30代引きこもりは筋トレをしようZE~☆

 去年の6月から筋トレを始めました。30代後半になって急速に体力の減退を感じたからです。加えてyoutuberで筋肉yoububerの動画を見て、興味を惹かれたこともあります。ただ元引きこもりとしてジムに行くことがハードル高く感じたので、自宅トレとしてダンベルを買いました。最初は普通のダンベルだったんですが、いちいち重量を変えるのが面倒だと感じていたら、ネットで「アジャスタブルダンベル」というものを発見。ダンベルの端のメモリを動かすだけで簡単に重量変更できる便利な代物です。24kgと40kgの二つがあったのですが、筋トレ超初心者なので24kgを購入。これがめちゃくちゃよかった。重量変更のストレスがなくなったことが大きいのか、意志薄弱な自分としては珍しく、現在も筋トレが続いています。

 引きこもりの自分からみて筋トレが引きこもりに有効だと思う点を挙げてみます。一点目は運動不足解消になることです。運動を全くしない引きこもりでも20代ではほとんど問題は出てこないと思います。しかし30代も半ばを過ぎていくと運動を全くしない男は急激に見た目も中身も老けてきます。鏡見るとびっくりするよ!筋トレをすることで、外見と健康の回復、そしてメンタル面の改善にもつながります。

 そして二点目、自信がつきます。筋トレは外見の変化という形で結果が出やすいです。自信とは自分で目標を立ててそれを達成することで得られるものだとおもうんです。たぶん。でも、資格とか語学とかだとなかなか結果出ないじゃないですか。変化を感じられない。だから我慢できずに辞めてしまう。しかし筋トレは3か月ほどで結果出ます。ちゃんとやればですけど。最初は重量も上がりやすいですし。

 引きこもりにとって部屋から出るのってハードルが高いんですが、これ出ないと何も始まらないのが難しいところなんですね。部屋から出ずに成長できることってほとんどないと思いますし。ゲームとかSNSとかぐらいじゃないですか。しかし!筋トレなら部屋に居ながらにして変化を感じられます。成長できます。筋トレ歴1年未満のクソ雑魚ですけど、筋トレは引きこもりにおすすめだと思いますよ。

 

明日もGANBARUZOI~☆

 

社会性と恋愛のジレンマ

 今日は「若年性健忘症を治す」という本を読みました。最近、こういう本を続けて読んでいます。この本も「フリーズする脳」と作者が同じなので、書いてあることは大体同じです。つまるところ、人と交流しない、パソコンやスマホばっかり使っていると、偏った脳の使い方になり使われなくなった脳の部分は衰える。結果、人の話が頭に入ってこなかったり、言いたいことがまとまらなかったりすることになる、ということです。

 この本で印象に残ったのは社会性の低い20代の女性患者の話でした。有名大学院を卒業し、出版社で英語を使って働いている。バリきゃりな女性ですが、ほとんどパソコンに向かって仕事をしていて、ほかの社員とコミュニケーションをとることはなかったそうです。そして、プライベートでも友人と呼べる人はいない。著者のDrにも、攻撃的な態度をとったそうです。Drは前頭葉を鍛えるために天声人語の書きうつしと音読をするよう勧めましたが、彼女はやらなかった。Drは彼女の社会性の低さに問題があると考え、写真のサークルに参加するようすすめました。写真は全くの門外漢だったため、サークルで彼女は高圧的な態度をとることなく、メンバーと打ち解けることができたそうです。そして、そこで知り合った男性と1年後結婚しました。

人が変わったように穏やかになった彼女について、Drは「男女の恋愛」が社会性を取り戻す大きな薬となるようです、と言っています。

 しかし、これはひどく矛盾していることです。特に男にとっては!社会性がないから彼女ができないのに彼女ができれば社会性を取り戻せるとはこれいかに。こういうとき、女性はいいなと思いますね。twitterで見ましたけど、引きこもりの女性でも多くは彼氏がいるらしいですよ。社会性がなくても異性と付き合える。はー、男から見ればうらやましですね。ま、愚痴っても仕方がないので、男は男なりに社会性を取り戻すのだ。


明日もGANBARUZOI〜☆

 

 

悪人役の人は悪人になりがち説

 ピエール瀧がコカイン使用で捕まったそうですね。Twitterでトレンド入りしていたし、はてブでもブックマーク数が1000を超えていました。新井浩文の時も思ったんですが、役を演じているうちに役そっくりになっていくことってあるとおもんですよ。悪い役をやってると悪い奴になっていく。特に邦画は一つキャラが当たったらそればっかりなところありますから。新井浩文はクズな役ばかり、ピエール瀧は怖い役ばかり。そればっかりやってると、周りもそういう風に扱ったり、寄ってくる人もそういう人だと思って寄って来ると思うんです。ピエール瀧にも「凶悪」の強面な演技がよかったですけど、あれで反社の人たちを呼び寄せてしまったんじゃないですか。最初は役だと割り切っていたのが、その役のファンが集まってきて持ち上げて、結果役者もそれが自分だと勘違いしてしまう。今回の件はその結果なんじゃないかなあ。全部想像ですけど。

 そう考えると長年、悪役をやってる役者さん(例えば中尾彬とか)で黒いうわさがない人たちってのは人間的にすごいしっかりしてるんでしょうね。絶対悪い人たちが「ファンなんです」って寄って来るはずなんですよ。それに男なら誰しも不良に憧れるもんですからね、役者に限らず。そうなると互いが引き寄せる可能性が高いわけです。それでもそこに線を引いて付き合わない、ということができるのはすごいですよね。ピエール瀧のニュースを見て、ずっと悪役をやってる他の役者の人たちすごいな~と思いました。

 

明日もGANBARUZOI~☆

 

早朝散歩~

 今日は朝6時に起きて30分ほど散歩しました。「脳が冴える15の習慣」によれば、生活の原点となる起床時間を一定にすることが、脳を鍛えることで最も重要だそうです。私は当直の仕事をしているので、どうしても起床時間は日によってばらばらになります。人から急に話しかけられても反応できなかったり、話したいことをまとめられなかったりする自覚症状がだいぶ前からありましたが、どうやらその原因は生活のリズムがずれて、脳の活動周期と体の活動周期にずれが起きたことが大きな要因らしいのです。つまり、脳は寝てる時間なのに体は起きている。そしてそんな生活を何年も続けている。頭が悪くならないわけがない。
 起床時間を一定にした後は、散歩です。散歩をすることで脳に血液が回り、ウォーミングアップになるそうです。ウォーミングアップをしていると、午前中の作業がはかどるということです。「15の習慣」なので他にもいろいろあるのですが、ただでさえ前頭葉が衰えて、計画的意志的な生活ができないのにいきなりたくさんやろうとしてもパンクして挫折するのがオチなので、とりあえず早朝に起床と散歩だけを目標に今月は過ごします。

明日もGANBARUZOI~☆

山地悠紀夫に共感した日

 

「死刑でいいです」を読みました。

 

 山地悠紀夫を知っていますか。05年に大阪で姉妹を惨殺した男です。すでに死刑執行をされています。山口で彼は、本で「すべての崩壊家庭にある問題があった」と書かれるほどの家庭に生まれました。貧困、父親は酔っては家庭内暴力を繰り返した挙句に、山口が小学生のころに死亡。母親は山地への愛情表現ができない上に買い物依存症。母親と山地の間に親子のつながりは希薄でした。母親の借金で電気も水道も止められる中、唯一の希望だった彼女との関係に母親が介入しようとしたことをきっかけに山地は母親を撲殺。少年院へ送られます。これが00年のことでした。

 少年院を出た山地は唯一の親族である叔父に身元引受を拒否され、パチンコ店を転々と移りながら働く生活を始めます。しかしやがてゴト師集団に加わ割ることになります。はじめは居心地のよかったその居場所も、いつものように居づらくなり、大阪のゴト師の拠点だった部屋を飛び出し、その直後同じマンションの上階に住んでいた姉妹を殺害しました。これが05年です。

 裁判では山地は広汎性発達障害アスペルガー障害と二通りに診断されました。病名はどうでもいいのですが、結局、山地は人の気持ちが理解しにくく、孤立しがちだったということです。空気が読めないから孤立する。孤立するから生活が経済的に不安定になっていく。経済的不安定は精神的不安定につながり、追い詰められた男はとんでもない方向へ暴発した。「孤立」と「不安定な生活」は多くの場合、一体です。空気を読まなければ就労もままならい現在、空気が読めず孤立した人間はまともな職に就けません。

 私自身も人付き合いが苦手で、人と交わることを避けてきました。その結果が、孤立と不安定な生活でした。山地がどうしてああいう凶行に走ったのかはよくわかる気がします。年齢も1歳違いで、私自身も05年当時大阪にいたこともあり、共感というかシンパシーを感じました。もちろん孤立して生活が不安定な人間が皆、人を殺すわけではありませんが、山地は不幸にも崩壊した家庭に生まれ、人を殺すというラインを17歳の時に越えてしまっていました。一度超えたラインをもう一度超えることは容易だったでしょう。私は生まれた家が幸運だった。違いはそれだけだったかもしれない。そういう感想を抱きました。

 

明日もGANBARUZOI……